​就寝前のひとつの習慣が、幸せな人生を作る

幸せな人生を送りたいなぁ。

 

そう思うあなたに、幸せに浸れる僕のとっておきの習慣を紹介しよう。

 

僕は就寝前にちょこちょこと色んなことをする習慣がある。

 

  • ストレッチ
  • ホットミルクを飲む
  • 目標を書いた手帳を眺めて声に出す
  • その日の自分を誉めて労う

 

これらの他にもうひとつ行っていることがある。

 

その日幸せだったことを3つ挙げる

 

全てやることを終えて、布団を被り、目を閉じて、さぁ寝るぞ!!とリラックスして次のように唱える。

 

「私は今日は幸せでした。どーしてかっていうと…好きなラーメンを食べて自分を満たしてあげたから」

「私は今日は幸せでした。どーしてかっていうと…本の内容を1つ実行に移せ、行動力が身についてきたから。」

「私は今日は幸せでした。どーしてかっていうと…苦手な同僚に勇気をもって相談しにいけたから。」

 

こんな質問を唱え続けていると、否が応でも今日1日の良かったことを探す。

 

自分が幸せであることにフォーカスし、自分は幸せなんだって浸りながら1日1日を終える習慣。

 

幸せな人生を送る秘訣は、特別なことはなくともシンプルに、自分が幸せだと思うことに意識を傾けることにあると思う。

 

天才コピーライターひすいこたろうさんのものの見方検定で、1日の終わりに良かったことを挙げるワークが紹介されている。

 

3つにしてるのは、僕が勝手にアレンジしたことなんだけどねー。面倒くさくならない程度に多くの幸せを味わえる。

 

日常に幸せを感じるにはもってこいなので、オススメよん。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA