自己啓発オタクと揶揄されちゃってもいいから…

恥ずかしい…

 

僕は自己啓発オタクなんじゃないか。

 
自己啓発オタク。自己啓発の本ばかり読んで、行動に移せていない、いわゆる痛い奴。

 
ネットやそれこそ本で揶揄されているような、自己啓発オタクにガッツリ当てはまった僕は、いたたまれない気持ちになっていた。

 
本を読むだけ読んで、何か変わるかもと単に期待感に浸っているだけ。

 
でも結局のところ行動に移さないから何も変わらない。

 
そんな揶揄されるグループに、自分が仲間入りをするということに耐えられなかった。

 
かといって、

 
何かのビジネススキルを身に付けて云々といったことには興味が湧かない。

 
なぜなら

 
そのスキルを身に付けて、どうしていきたいのかが全くクリアになっていないから。

 
何のためにがないと、全く気張ることが出来ない。

 
残念ながら。

 
バリバリ気張りたい!でも一体何のために?

 
そもそも自己啓発周辺をウロチョロしていたのは、何のためにが分かりたくて。

 
人間は何か解決したいことがあると奔走するという。その答えがあるかもしれない自己啓発周辺をウロチョロするのは当然のこと!

 
ウロチョロして探しても見つからない場合は、アプローチを変えればいいだけだ。

 
本がダメなら動画にする。動画でもダメならセミナーに出てみる。

 
何でもいいから違うことをしてみる。

 
自己啓発オタクと揶揄されて恥ずかしい?

 
そんなもん勝手に言わせておけ!

 
モヤモヤしてたら晴らすためにもがくのは当然のこと。人の目を気にして、本当はもがきたいのに控えるのはよそう。

 
と一昔前の自分にふと伝えたくなった。

 
おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA