チャンスを生かすには、必ず準備が必要だと思っていた

ハッ!!
 

週末の夜シャワーをザーザー浴びている時に、ふとひらめいた。

 

チャンスを生かすには、必ずしも準備が必要ではないということ。

 
チャンス

 
この言葉に対して僕が思っていたこと。

 
しっかりと訓練を積んで積んで積んで、ようやくチャレンジする資格を得る。

そうでなければチャレンジしてはいけない。
 

やるだけやりきった人のみがチャレンジする機会、これがチャンスだと思っていた。

 
しかしこれはチャンスに含まれる一つの要素に過ぎない。

 
チャンスとは?

 
準備が結果を左右するものではない。

 
あっ!!これに取り組もうと素直に飛び込めるかどうか。つまりやるかやらないかだよね。

 
僕はいま、準備期間と称して色んなインプットの計画を立てている。

 
現在受講している問題解決セラピスト養成講座、予定しているフォトリーディングやマインドマップ、ボイトレ、マーケティング関連など挙げればきりがない。

 
そのどれもが僕にとって興味のあるテーマだし必要だと思っている。
 
しかし一体いつまでが準備で、いつからが本番なのか?

 
準備準備と準備ばかりしていてはインプットしたものが身につかないし、出来ないところを補うことばかりに目を向けていては、いつまで経ってもチャレンジ出来ない。

 
やりながら必要なところを学ぶ。

 
チャンスを生かせれる人って、とにかくやることからかなーなんてふと思った。

 
こーいう突然降ってきた感覚は、自分にとってズバリなことが多い。

 
だからインプットは今現在計画しているものぐらいにしておいて、何かしら行動に移すことからやってみようと思う。

 
例えば歩合給のセールスやってトークやコピーを磨いてみたりね。

 
おしまい。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA