読みやすく面白い文章を書くために、セールスレターやコピーライティングを学んでみる

もっと楽しく文書を書いて、楽しく読んでもらいたいな~。

ブログを書いているとこんなことをよく思う。

けれど200記事更新するまではあまり読み手のことは考えないことにした。

書く習慣を身に付けるため。そこだけに重きを置くことにした。

テクニックを駆使して読み手の心を動かす文章にする。

書く習慣が付いていない内からそこを目指しちゃうと、書くこととテクニックを使うこと双方に気を遣うため挫折する可能性が高い気がした。

現在156記事目の更新。当初目標としていた2017年度中に200記事更新が達成出来そうな見通しだ。

なので、よーやく本腰入れてテクニックを学んでいこうと思う。

学ぶのは、売れる文章の書き方。すなわちセールスレターやコピーライティングだ。

僕が憧れる本田晃一さんやひすいこたろうさんの文章はめちゃくちゃ読みやすい。

お二人の読みやすさの背後には、売れる文章術、つまりセールスレターやコピーライティングのテクニックが散りばめられている。

だから僕もそれらを習得しようと思う。

すぐに習得するのは難しいようだ。すぐにということは、経験を積めば習得出来るということ。

そういえば学生の頃からマーケティングやらコピーライティングに興味を持っていた。

時を経て再び興味を持って取り組もうとするのは非常に興味深い。興味の対象は昔からそう変わっちゃいないんだね。

他にもやることがたくさんあるので、気長にやってみようっと。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA